• [0]
  • ピレスバについて語るスレッド

  • 投稿者:管理者
  • 投稿日:2009年10月 6日(火)11時17分12秒
 
間質性肺炎の新薬であるピルフェニドン(製品名:ピレスバ)について情報交換するスレッドです。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [2]
  • ピレスパの薬屋さん情報から

  • 投稿者:シオノギーマン
  • 投稿日:2010年 5月26日(水)13時02分14秒
  • 返信
 
ピレスパ(一般名:ピルフェニドン)は特発性間質性肺炎に適応のある「肺線維化抑制」の新薬です。臨床試験での成果として、肺活量低下の抑制、増悪までの期間延長の効果が報告されています。

特発性間質性肺炎が難病であることにはかわりなく、根治的な治療法はありません。
ピレスパはあくまでも「進行を抑制するかもしれない」という薬です。

最初は200mgの錠剤1個を1日3回から開始し、副作用をみながら漸増します。
目標は1回600mg、1日3回までの増量です。
重篤な副作用に肝機能障害あり、肝不全の報告もあります。
日光過敏症は副作用として50%(2人に1人)は発症します。
皮膚癌の発癌リスクもあるようです。
消化器症状(嘔気、食欲不振など)は20%みられます。

目標量の1日1800mgを内服した場合には、3割負担で1か月に薬代が5万円以上(薬価で18万以上)となります。

間質性肺炎の予後平均は診断後から数年といわれています。
ですから、すでに進行してしまっている場合の効果よりも、
診断されたばかりの早期の使用には効果があるかもしれません。
ただし、副作用の発生率が高く、薬代も高額になることなど考慮して
使用を相談すべきかもしれません。

  • [1]
  • ぴれすぱについて

  • 投稿者:だんきちメール
  • 投稿日:2010年 4月20日(火)01時44分42秒
  • 返信
 
ピレスパは間質性肺炎の特効薬でも何でもありません。
効果が確認できるのは、ある特定の時期だけでそれを過ぎると
あまり効果が見られないというのが現実です。
また様々な副作用もあり、胃腸関係や陽に当たると死んでしまう病も並行してかかってしまうようです。

間質性肺炎及び特発性間質性肺炎の初期状態で肺の繊維化が始まる前なら
効果はあるそうです。始まっている方に投与をしても効果はでないようです。

私の場合はNSIPで中期から末期にかかっていてすでに肺も繊維化が進んでいます。内容を知るまでは、新薬が助けてくれるかも・・・
と思っていました。残念です。

このピレスパは医療単価が高いです。効果が薄いですが。


レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. ピレスバについて語るスレッド(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成