teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:はまち  投稿日:2017年 5月 4日(木)00時17分37秒
  結婚する前から一緒に過ごして、出産や育児に介護で目まぐるしい日々に少しだけ光が差したとき、撫でようとしても、はまちが居なくてさみしくなる。  
 

ふと

 投稿者:はまち  投稿日:2015年 6月30日(火)22時29分13秒
  楽しかったと思い出話をしてはかわいかったなと呟き
今では薄れてぼんやりしてきた面影を
消えないようにと思い出しては泣きたくなる。
 

(無題)

 投稿者:はまち  投稿日:2013年11月21日(木)00時20分25秒
  腎臓の機能している数値が悪くはなっていましたが、なんとか春、夏と過ごしてきました。
10月中ごろに一度重症で輸血をしてもらって1週間ほど入院して、少し回復して無事に退院。

お別れが近付いてきているんだなと覚悟しながら自宅へ連れ帰ってきて、看病しながら約ひと月。
お水もゴハン(流動食)も口にしなくなった11月10日18時45分、最期は眠る様にそっと息を引き取りました。
(てんかんの薬は毎日朝晩飲んでいて)先生からは発作に耐え切れず苦しんで亡くなるかもと言われていたのですが
そんなこともなく、(あれ?息してない?)という程、穏やかな一瞬でした。
はまちは良い子だったと言ってもらえて、ああ、そうだったんだなと気付かされました。
いいヤツだったんです。みんなを和ませてくれる、玄関に迎えにきたりちょっと犬っぽくてネジが足りないキャラでした(笑)。

ポテトチップなどのお菓子の袋を開けるパリパリ音や、PSPや3DSなどのゲーム機(モンハン)で私がボタンを連打する音、
息子のぜんまいオモチャのカチカチ音など、決まった音でてんかん発作を起こすのが分かっていたのですが
今だに、そういう音をさせると、はまちは大丈夫かとつい旦那と一緒に部屋を見渡して姿を探してしまいます(笑)。
コタツや布団にいるかも…と足をこっそり入れるクセや、洋服を選ぶときに猫の毛が目立ちにくいグレーの服を買うとか
色んな事が生活にしみ込んでいて、無意識になってる習慣て恐ろしいねと夫婦で苦笑いです。

結婚してから、はまちは旦那にベッタリでした。毎日はまちは旦那の布団で一緒に寝ていたのもあって
(私とは冬でも5回ぐらいしか一緒に寝ていません。好きのランクが、旦那>コタツ>息子>私は最下位)
旦那は冷たい布団で寝ながら、はまち君がいない…と半分冗談で嘆いています。

亡くなった翌日、(とても可愛がってくれたので、亡くなる前に虫の知らせで挨拶に来たそうです)実家の母、
私より嫌われていた父(笑)にもペットの火葬場に来てもらって、旦那やみんなで骨を拾いました。
意外と骨がしっかりしていたので猫サイズではなく小型犬と同じサイズの骨壷に…。

寂しいと言いながらも食事は喉を通って、明日も生きろといわんばかりに時間は流れていますし
またどこかで出会いがあれば、猫と暮らしたいな~と思っています。
 

あとで

 投稿者:はまち  投稿日:2013年11月13日(水)00時07分14秒
  11日に薬だけもらいにいったんだけど、10月12日頃から調子が悪くなり、13日はプロレスを見に行く約束があったので14日の月曜日に病院へ、血液検査で重症との事。
入院、輸血、点滴、発作がおきないように注射などしてもらって18日に退院。
それから食事はA/D缶のウエットのみ、シリンジを二本もらったが、使いにくくなってスポイトを購入。一日おきだった保液は、家で120を毎日に。2日おきに増血剤も打つ。
血圧の薬は中止。
ペット用のカーペットで保温。

オシッコもトイレで間に合わなくなり、オムツをずっとした状態。数日はモジモジとトイレに行きたいのかもがいていたので、連れて行けば自分で座ってしていたが、段々と殆どオムツでするようになった。
退院の時にやや右半身が麻痺気味だったが、やがて立てなくなった。

誰かが寝返りをさせてやって床ずれしないように向きをかえる
水も自分では飲めなくなってスポイトで、食事もスポイトで数回。
11月3日夜中に発作、舌を噛んだらしく、出血。慌てて夜に病院へ連絡、
翌朝一番で診察。歯石をボリッと両方奥歯のやつを取ってもらう。左は出したが、右は飲みこんでしまった。消化されちゃうとの事
ステロイドや消炎剤を投与してもらい、血液検査も。
増血剤などをもらって帰宅、世間は航空祭。

7日にまた増血剤をもらいに。吉田先生休みでとりあえず7日と9日分を出してもらい、10日にまた保液と増血剤をもらいに行く予定だった。

8日から調子が悪くなり、だいぶ辛そうにしているが、日中は旦那に抱っこされていると幸せそうに眠っている。

9日は更に悪化、もう覚悟が必要だった。保液はもう使っても意味がない気がしてくる。

食事も水分も取らなくなってきた。義両親の夕食は早めにナベを作っておいたら、旦那が台所で温めなおして出してくれた。私はつきっきりだった。
夜中もあまり眠れない。呼吸しているのか不安で、お腹を触りながら寝る。

10日、まだ生きているとほっとした。
病院に行っている場合はない。もういつ死んでもおかしくない状態。
食事も水も吐き出して受けつない。口元をガーゼで濡らす程度。

夕方旦那は通夜、早めに義母の食事してもらい、義父にも食事だしっぱなし。

ぼんやりとウミガメの産卵のテレビ番組を観ながら、膝の上に抱っこ。
もう首もクタンとして、呼吸も浅い。18時30分頃、一度呼吸が止まった。
もう駄目かとおもったけど、再び浅い呼吸。

もう少しで旦那が帰ってくるよと声を掛けるが、18時45分、息を引き取った。
発作もなく、とても静かな時間だった。あれ?呼吸してない?という感じ

有難うと何度も言った。楽しかった思いがあふれる。
一生忘れないけど、悲しい。
 

ありがとう

 投稿者:はまち  投稿日:2013年11月12日(火)23時30分10秒
  2013 11月10日 18時45分 永眠しました。
看取ったのが私だけで申し訳ない。
 

(無題)

 投稿者:はまち  投稿日:2009年10月28日(水)23時44分30秒
  9月に布団の中で発作。  

(無題)

 投稿者:はまち  投稿日:2009年 7月20日(月)23時39分18秒
  コタツの中で23時半頃に発作
薬の量が少なかったのかなぁ。
 

(無題)

 投稿者:はまち  投稿日:2009年 7月11日(土)00時15分27秒
  8日にコタツの中で発作。しばらくぼーっとしていた。
急に暑くなったからかな?
 

(無題)

 投稿者:はまち  投稿日:2008年 9月21日(日)07時16分41秒
  引っ越してきて初の発作
17時頃、発作後はじっとしていてグルグル回らず大人しくしていた。
 

(無題)

 投稿者:はまち  投稿日:2008年 9月10日(水)06時38分52秒
  引越しをして今のところてんかん発作無し。
御飯を食べて太ったかも。
 

レンタル掲示板
/11